国家試験の合格率はどのぐらい?

大学医学部の偏差値は、一般的に高いことで知られています。ただ、医学部入学は他の大学入学とは違い、即医師になれる保証は全くありません。その証拠に、学内の試験は非常に厳しく(というよりも、日本の場合は他の学部が緩すぎるといわれています)、医学部と看護学部、薬学部は勉強の量は半端ではありません。

国家試験の合格率は、残念ながら100%には達せず、80%後半から90%半ばというのが平均的な数字です。これは、他の国家試験に比べて非常に厳しいといわざるを得ません。理由は、専門教育を6年間積んでいるにもかかわらず、全員合格できないという事実です。平成26年に行われた108回医師国家試験では、自治医科大学99.1%、筑波大学99.0%、順天堂大学と福島県立医科大学が98.9%と上位3校は100人前後の受験者数のうち1人が不合格になっている状態です。

ですが、このデータを詳しく精査してみると、意外なことがわかってきます。例えば最高学府の東京大学では112人が受験し、11人が不合格になっています。一方、藤田保健衛生大学では、104人受験中、3人が不合格。ですが、出願数は111人ですので、7名は受験回避したことになります。これは、偏差値云々の話ではなく、東京大学でも大阪大学でも、愛知医科大学でも国家試験に合格すれば、皆スタートラインに就くわけであり、スキルに差はほとんどない、ということです。

ですが、藤田保健衛生大学や川崎医科大学では、出願までは認めたけれども「合格が無理」という学生は受験させないという厳しい態度を示しているということです。医科大学に入学しても、国家資格合格がなければ医師にはなれません。私立大学は大学の合格率を高めるために、敢えて不勉強な学生にペナルティを課しているのです。

医師という職業への勘違いのあるあるネタ。

●一人前の医師になるには、年収が1000万円や2000万円では全然足りない。医師の値打ちは実力と年収。4000万円稼いで、結婚の条件に到達できる。テレビである女医が宣言したことから、4000万円という数字が独り歩きしています。

●医師が乗用車を買う場所はヤナセ。とりあえず、ベンツのEクラスが無難。歯科医はBMWが圧倒的に多い。

●美容外科の医師は、美容外科大学を卒業している。または、美容外科という学科が医科系大学に存在する。

●美容外科の医師にイケメンが多いのは、整形をしているからだ。自分がモデルになって、患者への訴求を行っている。

●医師と看護師は仲がいい。医師の方が看護師よりも立場は上だが、実際は看護師の方が患者の心を読み取っている場合が多い。看護師を見れば、その病院の善し悪しがわかる。

●皮膚科の先生に女医さんが多いのは、女性の肌のほうが敏感に出来ているから。男性は肌荒れには気をつかわないし、年を取れば汚くなる。女性の場合は年を取れば取るほど、肌に敏感。女医も同じ。

●産科婦人科の医師は検査しかしない。実際は助産師の方が数倍も力になる。

●診療してもらい、「ここではわからない」と言われても診察代金は取られる。これで商売になるのは医者だけ。

●医師は大抵「悪筆」だ。何を書いているのかわからないほど、読めない字を書く。読めないようにわざと書いているのだ。誤字も多い。カルテはドイツ語で書いているらしいが、ドイツ語が話せる医師は聞いたことがない。

●大学の学閥がうるさいのが医師の世界。慈恵医大、慶応医、東大医はエリート。本物の医師は順天堂を出ている。

●医師の白衣はユニクロ製。

●内科医が聴診器を患者に当てるのは「意味がない」。とりあえずの「ポーズ」。

●入院時に謝礼をすれば、一番偉い医師に執刀してもらえる。

●医師のほとんどは、漢方薬は「効き目がない」と思っている。

●診察しても、病名を教えてくれないのは「理由があるからだ」ろう。でも、熱が出たり、咳をしていたら大方「風邪ですね」という

●内科の医師は診断して、処方箋を書くだけで仕事が終わる。

●原因不明の病気は絶対に治せない。というよりも、治せないと告げてくれる。

●「様子を見ましょう」というのが口癖。おそらく、放っておけば治るだろう、ということ。

●美人の奥さんがいる。いや、絶対に美人だ。

●家でも包丁で魚を裁くのがうまい。箸よりフォークとナイフのほうが落ち着いて食事が出来る。

なんてものがポピュラーだろうか?私達が思っている以上に医師は私達と同じ人間であり、本音なんてものは私達に近いもの。
これが医師の本音?⇒医師の転職希望、ゆったりした職場が良い

なぜ医師の社会では縛られなければならないのですか

現在現役として活動している医師は約29万人、そのうちの10%弱が転職する、といわれています。その理由は、雇用先の問題が大きく、最近では集団で医師が抜けることが問題となっています。

一般社会では考えられないことですが、いわゆる「ブラック企業」に類似するような病院施設が存在します。例えば、理事会が非常に強い権限を行使するところ。一般社会では噂や指摘を受け、労働基準監督署が介入することで、労働者の残業の多さや労働環境について、改善策を立てなければなりません。

ところが、病院の場合は一種の「治外法権」です。一日の労働時間が8時間、週40時間という労働制限が守られるような職業ではありません。患者がいる限り、診療を拒否することは人道上難しいですし、病変によっては徹夜で処置しなければならないことは数限りなくあることでしょう。

当初の医師としての使命感は、30代で大変が消えてしまうのが、昨今の医師事情です。65歳以上も団塊の世代が大量に退職する会社員同様、これからの病院は中間管理職が手薄になっていきます。インシデントに対応するような管理職よりも、サラリーマン医師として履歴を積み上げることに興味のある医師が多くなってきました。

転職エージェントも、こうした医師の心のすき間に「そっと」入り込んできます。一般社会では当たり前の転職。なぜ、それが医師の社会では縛られなければならないのですか…というのが、コンサルタントの第一声です。そもそも医師として職業を選んだからには、病院に属することを選んだのか、それとも一人の医師としての人生を選んだのか?

もし、ブランド大学病院の医師として生きたいのなら、それも良いでしょう。もし、高収入を目指したいならば、それなりの自由診療で活躍するのもアリでしょう。ですが、家族がいて、親の介護が目の前に迫り、子どもの進学を考えればやはり「医師としての充実度」「家族との距離感」「親の気配を気に出来るロケーション」など、選択肢には「自分の生き方」がいろいろな影響を与える事に気がつくでしょう。

転職市場はにぎわっています。ですが、それは全部が成功であるとは言い切れません。転職にはリスクも付き物です。ただ、現状のままでよいかどうかを比べるなら、一歩踏み出すことに躊躇すべきではありません。

特別愁訴外来とは?

ストレス社会といわれる現代。
ストレスが原因の病気に悩まされたり、また、逆に病気になったことで大きなストレスを抱える人も増えてきました。
そんなストレス社会において、病院で受けられるサービスの内容も、非常に多様化しています。
大きな病院には、内科や外科等の病気の治療にあたる診療科目があると同時に、カウンセラーも所属していたりします。
カウンセラーは、外来や入院患者の中から、心のケアを必要とするような方々に対して、話を聞いたり、適切にアドバイスをすることで、心の傷を癒す役割を果たしています。
中には、「特別愁訴外来」なんていう科目を設けている病院もありますよね。
精神的な部分は、体とも大きく影響していますから、心のケアは病気の治療にも大いに役立つことなのです。
そんな心のケアを行う施設のある病院では、医師もカウンセラーとの関係をしっかり築いていく必要があります。
医学的な面だけを見て治療を行うよりも、カウンセラーが判断した患者の精神状態などを考慮して治療にあたったほうが、高い効果が発揮できたりもします。
サービスが多様化している現在の病院という施設では、医師は様々な職種の方々と、連携プレーで患者と向き合っていく必要があります。
精神的な面と身体的な面、両面をしっかり支えて、ケアしていけるような医師が理想ですね。
また、科目によっては医師の数が激減し、眠る暇もほとんど無いというほど激務となっている医師。
そんな医師の精神状態を支えてくれるのもまた、カウンセラーの存在だったりします。
サービスが多様化し、心のケアまで行ってくれるような病院での仕事というのは、色々な面でやりがいがありますね!
病院という職場での働き方も、選ぶ病院によって様々なのですね。

医師はただ単に目の前の病気を治療するだけではない

病気になると、痛みや苦しみと戦わなければならないのが当然!
そんな考えは、だんだんと変化してきています。
最近の病院は、「緩和ケア」などという言葉が頻繁に使われるようになり、痛みや苦しみをいかに軽減するか、という点に重点をおいて治療を行っている施設も増えてきています。
また、完治する見込みの無い難病の患者が、余生をいかに苦しまずに、痛みを感じずに、充実した生活を送れるかという点に着目した病院もあります。
これらの緩和ケアには、様々な最新医療が生かされ、痛み止め等の薬をうまくコントロールすることで、患者をケアしていきます。
だから、医師はただ単に目の前の病気を治療する、ということに専念するばかりでなく、患者の希望に応じて、どのようにケアしていくかを考えていかなければならない時代なのです。
痛みや苦しみと戦いながら、それでも寿命を延ばすことだけが治療、という考え方は、今の時代には通用しません。
患者が寿命を延ばすことよりも、苦しみや痛みを感じずに、残された時間を有意義に過ごすことを選んだのなら、治療ではなく緩和ケアをしていく必要が生じてくるのです。
医師は、患者とのコミュニケーションをしっかりとり、患者の望みを聞いていくことが大切ですね。
医学的な知識だけでは、なかなか医師としての仕事が務まらない時代がやってきたというわけです。
現在のサービスが多様化する病院での仕事は、医師であっても、様々な能力が必要とされています。
医大を卒業し、医師という国家資格を取得したから、もう完璧な医師!というわけにはいかないのです。
多様化する患者のニーズ、多様化する病院のスタイルに応じて、しっかり対応していける医師を目指しましょう!

そのためには、医学的知識だけでなく、人間力を高めることも大切ですね。

教師免許を持った教師

病院という場所は、ただ単に病気や怪我を診察・治療するだけの施設ではなくなってきました。
時代と共に病院のあり方は変化しており、最近は特に、著しくサービスが多様化している傾向があります。
例えば、病院の保育サービス。
働く女性が増えたことで、子供が病気になったときにも簡単には休めない!と頭を抱える方も多いですよね。
そんな方々を対象に、小児科などが病児保育施設を経営する、というスタイルが出てきています。
普通の保育園には預けることが難しい状態の子供を、看護師と保育士がいる施設で見てもらうことができるので、両親も安心して仕事に励むことができますね。
それに、併設している病院がすぐ近くにある場合がほとんどで、万が一の際にもすぐに医師に見てもらえるというのも魅力です。
また、多くの子供が入院している大型病院などでは、入院している児童を対象に、学校を開いていたりもします。
入院中はどうしても、学校の勉強にも付いていけなくなったりして、それが子供にとって大きな精神的負担になったりしますよね。
そういった点も、病院内で実施される教育というサービスで、解消されるのです。
この教育のサービスには、教師免許を持った教師が指導してくれたりもするので、長期の入院中でも、しっかり学校の勉強についていくことができます。
子供にとっては、ただ病気と闘うだけの入院生活よりも、ずっと張り合いがあって素敵な入院生活が送れるようになりますね。
病院が行うサービスはどんどん多様化しており、それに伴って病院内での仕事内容や働く人々も、どんどん多様化してきました。
保育士や教師が学校で活躍するなんて、一昔前では考えられなかったかもしれませんね。
現在の病院は、ただ単に病気を治すだけの場所ではなく、高齢者にとっても、そして子供にとっても、入院生活をいかに充実したものにできるかという点に配慮されたものになっています。
そんな多様化する病院内の仕事に、柔軟に対応していく姿勢が大切ですね。

治療を行う場所だけではない

病院という場所は、医師が病気を診察し、治療を行う場所・・・
たったそれだけのイメージだったものが、最近では全く違ったものになりつつあります。
病院で受けられるサービスはどんどん多様化しており、その病院での仕事に従事する医師や看護師の仕事内容も多岐にわたります。
また、医師や看護師以外にも、様々な分野で活躍する人が、病院内で仕事をするようになりました。
例えは、病院で受けられるサービスの1つとして、もはや介護は常識です。
だから、医師や看護師以外にも、介護士の方が多数活躍している病院も多数あります。
寝たきりの老人を診るための施設があったり、介護のためだけの専門施設を併設する病院があったりもしますよね。
病院の敷地内にグループホームやデイケアセンター等を設立しているところも増えてきています。
そういった老人介護のサービスは、総合病院なら、当然にように行われるようになってきています。
老人介護のサービスのある総合病院では、医師はただ単に病気の診断と治療を行えば良いというだけではありません。
老人の健康状態を維持するための、検診的な要素も多く、しっかりと患者と向き合っていく必要があります。
また、看護師の方も、介護士と協力し合いながらの仕事となるので、関係が複雑になる場合もありますね。
高齢化社会が進んでいる日本。
これからも、病院という施設が担う高齢者福祉に対するサービスは、どんどん広がりを見せていくことでしょう。
医師や看護師といった医療従事者も、そんな時代の変化に対応し、多様化する病院のサービスに柔軟にならなければなりませんね。
もはや医師は、腕が良いというだけでは成り立たない職種となってきています。
病院という場所で活躍したいのであれば、高齢者とどのような関係を築いていけるかなど、今後は人間性も大きく問われるようになるかもしれませんね。