特別愁訴外来とは?

ストレス社会といわれる現代。
ストレスが原因の病気に悩まされたり、また、逆に病気になったことで大きなストレスを抱える人も増えてきました。
そんなストレス社会において、病院で受けられるサービスの内容も、非常に多様化しています。
大きな病院には、内科や外科等の病気の治療にあたる診療科目があると同時に、カウンセラーも所属していたりします。
カウンセラーは、外来や入院患者の中から、心のケアを必要とするような方々に対して、話を聞いたり、適切にアドバイスをすることで、心の傷を癒す役割を果たしています。
中には、「特別愁訴外来」なんていう科目を設けている病院もありますよね。
精神的な部分は、体とも大きく影響していますから、心のケアは病気の治療にも大いに役立つことなのです。
そんな心のケアを行う施設のある病院では、医師もカウンセラーとの関係をしっかり築いていく必要があります。
医学的な面だけを見て治療を行うよりも、カウンセラーが判断した患者の精神状態などを考慮して治療にあたったほうが、高い効果が発揮できたりもします。
サービスが多様化している現在の病院という施設では、医師は様々な職種の方々と、連携プレーで患者と向き合っていく必要があります。
精神的な面と身体的な面、両面をしっかり支えて、ケアしていけるような医師が理想ですね。
また、科目によっては医師の数が激減し、眠る暇もほとんど無いというほど激務となっている医師。
そんな医師の精神状態を支えてくれるのもまた、カウンセラーの存在だったりします。
サービスが多様化し、心のケアまで行ってくれるような病院での仕事というのは、色々な面でやりがいがありますね!
病院という職場での働き方も、選ぶ病院によって様々なのですね。

Comments are closed.