治療を行う場所だけではない

病院という場所は、医師が病気を診察し、治療を行う場所・・・
たったそれだけのイメージだったものが、最近では全く違ったものになりつつあります。
病院で受けられるサービスはどんどん多様化しており、その病院での仕事に従事する医師や看護師の仕事内容も多岐にわたります。
また、医師や看護師以外にも、様々な分野で活躍する人が、病院内で仕事をするようになりました。
例えは、病院で受けられるサービスの1つとして、もはや介護は常識です。
だから、医師や看護師以外にも、介護士の方が多数活躍している病院も多数あります。
寝たきりの老人を診るための施設があったり、介護のためだけの専門施設を併設する病院があったりもしますよね。
病院の敷地内にグループホームやデイケアセンター等を設立しているところも増えてきています。
そういった老人介護のサービスは、総合病院なら、当然にように行われるようになってきています。
老人介護のサービスのある総合病院では、医師はただ単に病気の診断と治療を行えば良いというだけではありません。
老人の健康状態を維持するための、検診的な要素も多く、しっかりと患者と向き合っていく必要があります。
また、看護師の方も、介護士と協力し合いながらの仕事となるので、関係が複雑になる場合もありますね。
高齢化社会が進んでいる日本。
これからも、病院という施設が担う高齢者福祉に対するサービスは、どんどん広がりを見せていくことでしょう。
医師や看護師といった医療従事者も、そんな時代の変化に対応し、多様化する病院のサービスに柔軟にならなければなりませんね。
もはや医師は、腕が良いというだけでは成り立たない職種となってきています。
病院という場所で活躍したいのであれば、高齢者とどのような関係を築いていけるかなど、今後は人間性も大きく問われるようになるかもしれませんね。

Comments are closed.